公募情報・公→民の業務委託情報 その3


今回は、実際に「公的機関案件」「公募案件」に取り組む事業者の方々による「アドバイス」を掲載していきます!みなさんも、これらの助言を活かしていただき、実際に応募してみてくださいね!お手伝いが必要でしたらいつでもお問い合わせくださいね!3営業日以内にご返信します!お気軽にちょっと聞きたいんだけど、、、といった内容でも大歓迎ですよ!もちろん、無理な営業や勧誘はしませんので、、

アドバイス

調査・ITサービス業事業者・・・「公的機関はもちろん、現場での対話、意見の収集により改善活動を繰り返し、信頼関係を築くことが重要。小さな受注であっても取り組むことで情報が集まり、上記のように信頼を構築することで実績を積み上げることで徐々に大きな案件に取り組めるようになっていった」

車両・セキュリティ事業者・・・「事前調査と人間関係の構築が重要。公的機関の担当者は数年に一度入れ替わるため、そのタイミングではこちらが持っている情報を惜しみなく提供することで信頼関係を構築することが重要。一度実績を作ることで前例踏襲主義の公的機関における当然の選択肢に挙げさせることが重要」

動画、WEBコンテンツ制作事業者・・・「最初は採用されなくても、とにかく何度も応募すること。競合他社の動向や強み、予算感等の感覚が身についていき、採用の確率が高まる。その中で、自社の強みを活かし、他社と差別化された提案を行うことができる。」

とのことですね。ちなみに、上記の事業者さんはいずれも資本金50万円〜1000万円、従業員数5名以下のいわゆる小規模事業者の経営者様です。

まとめると、「とにかくやってみて、調査することで小さな案件でも受注してとにかく実績を作り、関係性の構築をしていく」となるでしょうかね。

是非是非取り組んでみてくださいね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中