中小企業診断士 80日合格体験記 その4


さて、前回は私が塾講師時代に実感して、信じきっている成績向上方程式をお伝えしました!(まだご覧になっていない方はぜひご覧くださいね!)今回以降は、具体的なテクニックに話を移していきますね!(個別指導サービスについて詳細のお問合わせありがとうございます!人数に限りがありますのでご興味のある方はブログに先行してお伝えいたしますのでおっしゃってくださいね!決して売り込まないとお約束しましょう。自信があるので、説明するだけです。人数も限られてますし)

〜頭の良さというよりセンス〜

80日合格が可能であったのは、何度もいうように頭が良いからではありません。ただ、こういった試験にはセンスが重要で、私はセンスを「身につけた」ことで一発合格できていると確信しています。(私自身も、講師時代の教え子たちもそうであったので)頭の良さとの違いは、センスは身につけることも磨くこともできるという点ですね。その「センス」とは何で構成されているかというと、イメージ的にはハードウェアよりソフトウェアです。前回、「ツールなんてなんでも良い」と言いましたが、ツールはハードでセンスがソフトだからですよ。要は、考え方であったりやり方が重要なんですね。だから、正しい考え方、やり方を「インストール」してハードウェアを操れば良いわけですよ。ただ!ただですね、ここが機械と人間の大きな違いなんですが、「本質的に重要な部分は全員に共通するものの、表層的なハードウェアの操り方は人によって何がフィットするかが違う」ということなんですね。うーん、例えが難しいですが、野球選手は一人一人打ち方、投げ方違いますよね。でも選手として本質的に大事なことは共通するわけです。だからこそ、本質は一致しているのに表面上の見え方は真逆だったりするわけですね。(走り込みはすべき、すべきでないとか、筋トレは重要だとかやらないだとか)つまり、本質的に重要な「センス」を身につけた上で一人一人にフィットするやり方でハードウェアの操り方を工夫することが重要なんですね。では「センス」のイメージがついたところで、身につくとどんなことができるのかご紹介していきます。(詳細は次回以降でいきますね!)

  • 効率最大化することで勉強時間に無駄がなく1時間の勉強効果が1.5倍や2倍になる
  • 「不安」はゼロにならないが、コントロールできる。
  • 「何時間勉強した」みたいな話に興味がなくなる
  • 人の意見に惑わされないし、ぶれないで「今」に集中できる。

はい。こんなところですね。センスに関連して、具体的なテクニックについて1つくらい触れておきますね!(ご質問いただいた皆様、Q&Aの掲載はもうすぐ取り組みますのでもう少々お待ちくださいね!スミマセン・・・)

テクニック (センス

先にお伝えしておきますが、テクニックは「センス」と「手段」の2面に分けています。ソフトウェアとハードウェアですね。なので、センスは全員共通で、手段は人によってフィット感が違います。正直、「手段」の方のテクニックを追い求めている人がほとんどじゃないかと思ってます。野球で言ったらイチローさんの打ち方と大谷選手の打ち方(手段)は違いますが、センス的テクニックは十分持ってますか??ということで今回はセンス面で一つご紹介しましょう。

「先に問題を見ておく」

これです。非常に重要です。なぜか。求められている知識の「階層」が分かるからです。学校のテストレベルで「覚えていれば勝ち」の勝負だったら楽なんですが、診断士試験の難易度は高く、覚えているだけでは解けない問題で差が出ます。(逆に覚えていれば解けるところは落とせません)だから、先に問題をながめておいてポイントがどこであるか意識しながらインプットに入っていけば、「あ、これ問題に出てたやつだ。」という意識でインプットできるので「理解」が早くなりますね。ここで罠にハマらないようにしましょうね。「やばい、知らない単語だらけで何言ってるかわからない」というやつです。知らないのは当たり前ですよ。未知のものに触れると恐怖心が高まってしまうので、楽な方に逃げたくなるものですが、短期合格したいなら「覚悟」が必要と言いましたね!大丈夫、初めて問題を見た時の恐怖心は覚えておいた方がいいんです。本番でも知らん問題絶対来ますし(笑)でね、要は先に問題見ていく中で、「無理そう」って思って思考停止するんじゃなくて、「共通点」を見つけたり「発見」したり「仮説」を立てたりして欲しいわけです。例えば、「数字」が4択になっているということは、この問題は関連する数字がポイントだから用語と数字を整理して覚える必要がある単元なんだなとか、やけに「グラフ」が出てきて、選択肢は2択が2つある構成で互いに背叛してるから、「条件」によってどちらにもなりうるということか、、とか、この科目は「ロジックで理解すれば25問中半分は取れそう。残りの13問のうち3問は捨てるとして10問は知識か。2択に絞れる程度に知識補填すれば期待値は5問分だから合わせて68点ってとこかな。うん、10日あればいけそうかな」とか。※これは経済学の問題に対する私の分析で、実際本番68点でした(笑)それは偶然ですが、模試とか過去問とか軒並み60〜72で安定しておりました。

過去問は取っておきたいという考えはわからなくもないですが、短期合格したいなら先に見ておきましょう。別に解けって言ってないですし、解けないでしょうし(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中