公募情報・公→民の業務委託情報 その1


このカテゴリーでは各地方自治体や公的機関が地方(地元)の中小企業向けに公募(お仕事の民間への委託)している案件のご紹介をしていきます!「え、、、そんなこと公共事業とか工事だけじゃないの?なんか政治家とかが便宜図ってよくないイメージ」とお考えでしょうか。実は10年前くらいから事情は変わってきています。地方自治体も、大企業への発注だけでなく、地元中小企業へ(むしろ地元企業限定で)公募してたりします。、、、そう、問題は、「あまり知られていないこと」なんです。確かに競業したり複数の募集の中から審査の結果1社に(基本的に)決まるため、採択されるかは別問題ですが、そもそも知られていない、一部の事業者だけが知っているという類の情報だったりするためご存じないのも無理はありません。「いやいや、とはいえ価格で決まるんでしょ」と思いましたか?結論、そんなことはないです。

~応募条件等~

・入札参加資格

公募案件は、まず入札資格が必要です。1つの入札参加資格があって、全案件応募できれば便利なのですが、国か地方自治体かでも違いますし、自治体によってルールが変わったりします。「わかりやすさ重視」「正確性を犠牲」にした表現ですと、税金の滞納等がなく、違反がなく、許認可が必要な場合は取得済みであればだいたいオッケーなのでそこまで大変じゃないと思います。

・点数方式について

次に、冒頭でもお伝えした「どうせ価格が安くないと・・・」へのお答えにもなりますが、審査基準についてです。これも、案件によって詳細は異なりますが、だいたい「計画書」「予算」「組織」「内容(質)のよさ」あたりがみられます。配点が100点とすると、予算に関しては10点または15点程度しか寄与していません。

実物例)「令和4(2022)年度 LINE を活用した栃木県出身若年層向け情報発信業務委託公募型プロポーザル実施要領」より https://www.pref.tochigi.lg.jp/a03/nyuusatu/r4jimototochigi/documents/01-1_r4jimototochigizissiyouryou.pdf

ちなみに、予算上限もちゃんと記載されてますので、利益が十分取れるか検討することができます。個別に必要な申請書類は異なりますが、「全部自社で頑張ってみる!」という経営者様には必要な情報をご提供させていただきます!何か手伝えることがある場合や、一部だけでも手伝ってほしいというお問い合わせもお待ちしております!(内容によって、金額は変わっていきますが、思ってらっしゃるほど高くない自信はあります!例えば、上記の栃木県約400万円の案件のお手伝いであれば着手金5万円、成功報酬10%です。)ただ、公募案件に関して「丸投げ」はお断りしてます。そもそもその公募にかける想いや熱意が大切ですし、甘くお考えだと絶対通らないと私は思ってます。しつこいかもしれませんが、「お手伝い」と申しているのはそういった事情です!審査員の方々の立場になっても、あまりお任せしたいという気持ちにはなれないのではないでしょうか・・・。「一緒に考える」「表現を工夫する」「会議を進行する」「書類の記載を代行する」等はもちろんやらせていただきます!「ぜひやりたいけど人手も足りないし、できる人材もいないから手伝ってくれ!」という経営者様、よろこんでお手伝いさせていただきます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中